This Archive : 2010年08月

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
permalink *  edit * top▲

2010.08.13 *Fri*

IKEA

この間、語学学校で初めて中国語を使いながらの
PowerPoint発表を体験しました。
普段使っているテキストのIKEAに関する本文を
PPTにプレゼン用にまとめ、発表するというものです。
PPT内の資料や発表時の口頭での言葉遣いに
まだ乱れはあるものの、とても良くできている、との
評価をいただきました。
うれしいね!
忙しい仕事の合間を縫ってがんばった甲斐がありました。

ビジネス中国語を勉強し始めて分かったことが一つあります。
経験がないことは、何語であっても話せないということ。

留学生時代の主な勉強内容は学校生活や日常生活に関連するものでした。
そういうものなら日本で積んできた経験があるので、
日本語ではもちろん色々なことが話せます。
すると、中国語にしても、英語にしても、
経験という下地がある分野に関しては情報の吸収速度が速く、
語学がぐっと上達します。
ところが、私にはビジネス経験・仕事経験のほとんどありません。
こういった内容は「日本語でどうぞ」と言われても話せません。
なので中国語ではもっと話せません。

話をするには経験が必要なんですね。
スポンサーサイト
permalink *  cm(0) *  tb(0) *  edit * top▲

2010.08.10 *Tue*

就活

こんばんは。
万博も期間の半分が過ぎ、そろそろ次の就職を、と近頃考えています。
基本的には日本での就職を考えているのですが、
上海で日本の就活をするのはけっこう大変。
選考会場が日本なので、もし上手く選考が進めば最低月1~2回帰国しなくてはなりません。
経済的負担が悩みの種になりそうです・・
日本で就職するなら、11月に帰国してからのほうが良いかもしれないと思い至り、
先日リッツのキャリアセンターに相談の電話をしました。
そうしたら2012年の春の就職を目指す方向でも
大丈夫だろうとのアドバイスをいただきました。
・・が、とりあえず帰国してすぐまたお仕事を始めるつもりでいます。

上海での日本就活の難しさを知って浮上したもう1つの案があります。
ずばり上海での就職。
こちらは思いついたばかりなので、まだ何とも言えませんが
可能性の一つとして探って行こうと思います。
もともと外国で働くことに興味はあるので、
家族の反応という問題を除けば、私個人として拒む理由はありません。
ただ、ビザのこととか詳しくないので情報収集が必要ですね。
8月の間にこの辺りのこと調べてみよう。

さて。
そんなこんなで少しずつ次へ向けて動き始めていて、
今日は気になる会社に向けて書類も送りました。
この件がスタートした時、問題になったのが証明写真です。
上海で証明写真を撮ったことがなく、
上海における写真サービス事情が全く分からなかったからです。
とりあえず宿舎周辺をリサーチしたところ、駅周りにかなりの数のインスタント証明写真機が
設置されていることに気づきました。
でも中国のBOXで取ったインスタント証明写真を
大事な書類に貼る気にはどうしてもなれなくて・・
自分の代わりにまず1番最初に企業に会いに行ってくれる写真なのに・・と思ったわけです。

じゃぁ、写真スタジオを探そう!ということで、
まず自分の足で回れる範囲をリサーチしましたが、
何だかどこも得体の知れない感じだったので却下。
そこで日本人向けの情報誌やペーパーなどを調べましたが、
そういった情報は見つかりませんでした。
苦肉の策で、いつもお世話になっているヘアスタイリストさんに相談したところ、
「KODAKの写真スタジオがたくさんあるよ!」と教えていただきました。
やっと宛てが見つかり、喜んで宿舎周辺のKODAKスタジオの住所を
ネットで調べようと思ったら、なぜか上海の店舗に関する情報が全くヒットしない・・
それらしいものにアクセスしてもエラーが出てしまう・・
KODAK、どうも中国で何かあったらしいです。
ネットでは埒が明かないので、何とかアクセスできた東京のKODAK店に相談の電話をして
本社の総務部と広報課の電話番号を教えていただきました。
何だか大事になってきました。
色々な方にお世話になってここまで来たのだから結果を出そう!と
思い切って総務部と広報課にお電話しました。
なのに!
今度は電話を遮断されました。
ああぁ~~~~~~!!!!
何の収穫もないまま休日が過ぎて行きました。

2日後。
ようやく上海の古北という日本が多く住むエリアに
日本人向けに記念写真を撮るスタジオがあることを突き止め、
証明写真撮影サービスを提供する分店があることを教えていただきました。
その分店の所在地がなんと2年前に留学していた上海交通大学の門の横。
すごい!何この大冒険!
行き着いた先が上海での母校だったのでテンションが急上昇!
喜び勇んで証明写真を撮りに行きました。
お店の名前は"四毛写真室"というのですが、表にはFUJIFILMの看板プレートが。
これまた驚き!富士フィルムの写真スタジオだったんだ!
最終的にこのスタジオで納得のいく証明写真を撮ることができました。
しかもサービスの良いこと。
①予約不要。
②お願いすれば何回も写真を撮り直してくれる。
③ちょっと過剰なくらい修正をしてくれる。
 (修正してくれすぎて、結局ほぼ無修正の状態で印刷して下さい、と言った程)
④データーが欲しいと言ったらひょい、とメールで送ってくれる。
⑤10分で写真を受け取れる。
⑥①~⑤のサービス内容で4枚35元。8枚41元。

日本で前、要予約・修正・データー提供・受け取りに3日必要、という写真スタジオで
就活用証明写真を撮った時、軽く1万円くらいしたのを覚えています。
一定以上の修正サービスには加算料金が必要だとの記載もありましたね。
日本と上海のこの差、どう思われます?
もう私、日本で証明写真撮れません。
こっちで撮りためて帰ります。


長くなりましたが、以上がここ10日ほどの間にあった書類提出までの記録です。
ほかにも色々あったんですよ。
企業への書類郵送に必要な封筒を探すため、
上海の中心街のデパートを2軒梯子したりとか。
結局デパートで見つからなくて、トボトボと日の暮れた街を宿舎へ戻る途中、
地下鉄がパンクするほどのラッシュに遭遇して3時間くらい帰れなくなったとか。
その後結局、紙質は悪いもののそれらしい封筒が近所のカルフールで見つかったとか。
この件もすごくすごく書きたいけど、今日の記事の趣旨からは外れるのでパスしますね。

相変わらず上海ライフは刺激的です。
permalink *  cm(1) *  tb(0) *  edit * top▲

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
<
>

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



プロフィール

moeroze

Author:moeroze
2010年に大学を卒業後、上海で半年勤務。2011年から引き続き上海でお仕事。
大学時代中国語を一生懸命勉強したので、これから数年は英語をしっかり学び直すのが目標。
音楽、歌、絵を描くのも大好き。
3~4年後には4ヶ国語目の勉強を始めたい。ハワイ語勉強したいな。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



来てくれてありがとう



Flashリバーシ



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Copyright © モエロゼ All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。